田舎

ソーセージ作り 

瞬く間に今週も週末です。
そして子どもたちの夏休みも
今週まででしょうか。

20070831151811.jpg

そんなわけで、今週は、子どもたちのソーセージ作り、
ウィークでしょうか。
私は関市にも出張して子どもたちと
ソーセージ作りを楽しみました。

20070831151830.jpg

20070831151847.jpg

20070831151912.jpg


あーあ
夏休みも終わりだね。
スポンサーサイト

ワークショップ 

ゴーバルの昼休み
真由美ちゃんの台車の上の
ワークショップが始まりました。

20070826112016.jpg


土日は、ランプ工房で
猿沢さんをお呼びして
羊毛を使ったワークショップ。

20070826112034.jpg


なんだかアジアのどこかで見たような。

20070826112051.jpg


ランプ工房も今日は
なんだか活気があります。

20070826112124.jpg

お客さんをお送りして
下の坂まで下りてみると
なんだか暑さの中にも
秋を感じます。

20070826112147.jpg

コスモスの花を見つけました。
でもまだ暑いですね。

近況 

すっかりご無沙汰してしまいました。
もし、この暑い中、訪問して下さった方がいたら
本当にごめんなさい。
工場の光ファイバーが故障してしまい
更新できなくなっていました。
パソコンに頼り切っている時代
なんだか不安を感じる数日でした。

とりあえず近況報告まで。

20070818094853.jpg

もう25年も続いているという
ゴーバル聖書合宿、今年もやりました。
そしてゴーバルも休み突入です。

20070818094922.jpg

おじいちゃんとおばあちゃんの様子を見に
山形へ。72年ぶりに記録は破られたものの
何と暑いところでしょう。
途中一度寄りたかった、とくさんの家に寄りました。

20070818094942.jpg


「お父ちゃんはすごいなあ
これもこれも、ぜーんぶお父ちゃんが作ったの。」

とくさんは小声で、「何、ただ拾ってきて置いただけ
じゃないか。」とか照れながらも、うれしそう。
どんな優れたガイドよりも説得力があり
この暑ささえ吹き飛ばしてくれるほど
しあわせな気持ちにしてくれる
これって、何??

20070818095009.jpg


おじいちゃんは、けっこう元気でした。
今度涼しくなったら、二人で車で遊びに来るとか。
念願のカーナビ買ったらどうですか。

1600.jpg


帰りに、やはり古里に寄りました。
夕方、暗くなってから写真を一枚。
ASA1600の威力です。
目に見えないところまで写ってしまうのです。

今回は息子が共働学舎に遊びに行くというので
糸魚川から白馬まで上ってのドライブ。
23万㎞を突破した車は元気そのもの。
でも、エアコンの効かない私たちは
もう少しで煮豚になりそうでした。

今、おじいちゃんからメールが。
子犬を買ったそうです。
エルだって。

20070818104040.jpg

かわいいね。

昼休み 

若者が集まると
昼休みは、サッカーが始まります。
狭い駐車場で、夏の暑さは
どこへ行ったのでしょう。

20070809193629.jpg

犬も加わり、めちゃくちゃで
見ていても笑えます。

20070809193647.jpg

こんな田舎なのに
毎日いろんな人が来てくれて
遊びなのか、仕事なのか
よくわかりませんが
結局、力をいっぱいもらっているんだなって
思えるこの頃。
若さはやっぱりすてきですね。

夏休み 

そろそろ夏休みの季節でしょうか。
仕事も終わり、日が暮れると
我が家には、人が集まってきます。

20070807125213.jpg

もうこうなったら、バーベキューしかありません。
庭にはセットが常設。

20070807125237.jpg

花火をしたり、歌を歌ったり
夏はすてきです。
そして若者に似合います。

20070807125255.jpg

もうすっかり恒例の流しそうめん。
これほど準備の手間のかからないものは
そうはありません。

20070807125312.jpg


そして水の勢いでどんどん食べてしまうのです。
一時的にせよ、その満腹感はただごとではありません。
誰か止めて、っていう感じでしょうか。
後半の宴は、私も写真どころではありません。
こうして今夜も、星をいっぱい見ながら・・・。

時男さん 

今日は時男さんの告別式。
時男さんは、工場のすぐ近くに住むおじさん。
工場の地主さんでもあり
私たちにとっては、とても身近なおじさんでした。

毎日、工場に歩いて出勤すると、時男さんと出会います。そのすがすがしい笑顔と優しさに、私たちはいつも励まされてきました。

20070804175340.jpg


奥さんを先に亡くされ、ご自身も、不自由な体で、ずいぶん大変だったと思うのですが、毎朝にっこりと「おはよう」と声をかけてもらうと、なんだかすっかりうれしくなってしまうのです。

振り返れば、30年近くも、こうしてこの地でハム作りをやってこれたのは、このような、すてきな村の人たちに支えられてきたからに他なりません。

暑い夏の中に流れる、お経を聞きながら、私は時男さんとのお別れをしました。本当にありがとうございました。

>