田舎

通年会員 

月末になるとゴーバルの通年会員の
皆様への出荷に、発送部門は大忙しです。

20070928154740.jpg


でもなんだか、ずいぶん手際が良くなったようです。
たちまち箱が積まれていきます。
空の箱はないでしょうね。?

今夜から島根の高校に小旅行。
車で650㎞の道のり。
つるつるタイヤは、やっぱり
だめでしょうか。
スポンサーサイト

お月見泥棒 

串原村、この松本地区だけに
昔からか、おつきみ泥棒の風習が残っています。
この日は子どもたちが各家を廻ってお供えの
お団子やお菓子を盗むのです。

20070926131508.jpg

まん丸い月が出て、
理想的な泥棒日和。
我が家のお客さん子泥棒も
早速出かけました。
こんなに楽しい遊びがあるでしょうか。

20070926131528.jpg

違う組の子どもたちも、月夜の中を
歩き回っています。
袋がずいぶんふくらんでいます。

20070926131546.jpg

次の日の朝何事もなかったように
田んぼは、黄金色に輝いています。
食料はこっそり自分の部屋に運び
もはや、誰も泥棒の話をしません。

バーベキュー 

少し時間があったので
いつも椅子が足りなくなってしまうので
丸太を並べてみました。

20070923074702.jpg

暗くなってきたので
ランプもつけてみました。

20070923074752.jpg

なかなかお客さんが到着しないので
食べ始めることにしました。

20070923074813.jpg

家の中から丸太の上をわたって
裸足のまま出てこられるように
したのは、ことのほか便利。
ますます外と中の違いがなくなってしまいました。

22日(土)記 

ハム工房の発送室の片隅に
フェアトレードの商品を販売する
小さなスペースがあります。

20070922094002.jpg

時々リニューアルして
自分たちで楽しみます。
おっと失礼、販売しています。

20070922094019.jpg

お隣のおじさんが
桝本くんの家は上から見ると
「今花盛りだよ」って教えてくれました。

20070922094033.jpg

今日は土曜日。
うちにはまた、たくさんのお客さんが
来てくれます。
いったいどんな一日になるのでしょう。

20070922094048.jpg

もうバーベキューは寒いのかな。
一段落したら、また書きましょう。

不思議な壺 

若者は寝坊です。
朝 私はこっそり食器棚の整理をしました。
それにしても うちの食器は何と重ならないものばかりでしょう。食器というよりはどれも骨董品のたぐいです。


20070919160747.jpg


陶器祭りなどでハムと物々交換したものとか。
よく見れば確かに、どれもあじがあります。
とりあえず並べておくか。
最も楽な、賢明な選択です。
よね。?


木曜日 

今ゴーバルでは、木曜日が一番忙しい日になっています。朝5時半に起き、岐阜の畜産公舎まで豚(枝肉)を取りに行くところから一日は始まります。

20070914100430.jpg

運んできた枝肉を三つのパーツに分け、骨を抜きます。なかなか骨の折れる仕事です。今日は20頭。一つのパーツが40個。あまり考えないことにしましょう。

20070914100457.jpg

骨を抜いた肉は、その端から、精肉用、ハム用、ソーセージ用に分類、整形します。

20070914100520.jpg

精肉用は、その場でスライスを始めます。
ゴーバルのお肉は、全く臭みがない、とか
その辺に置いたままでもちっとも腐らない(これは大げさ)とよく言われるのですが、この木曜日のスピーディーな忙しさが、その裏付けといえるのかもしれません。

20070914100544.jpg

スライスした肉は、すぐに真空パックして急速冷凍します。加工用は、塩漬けして冷蔵庫に運びます。ソーセージは3日後、ハム類は2~3週間塩漬けしてから加工します。

20070914100643.jpg

すっかりかたずいたら、熱湯を流し、床を洗います。
もうくたくたです。
ところでこの下の写真、見えますか?

20070914100707.jpg

若者はこのあと、夜のサッカーに出かけます。
え? 次の朝ですか?

それは想像におまかせしましょう。

出来上がり 

昨日塩抜きしていたハムができあがりました。
ロースベーコンはまだスモークがかかっています。

20070912100106.jpg


もう少し寄ってみましょう。
なめたりしないで下さいね。

20070912100129.jpg

骨付きハムと奥の方にショルダーベーコンが見えます。

20070912100232.jpg


燻煙は至ってシンプル。
中に薪ストーブを入れ
炭火で乾燥
さくらの丸太でスモークします。

20070912100259.jpg


チップやオガ粉に比べ、薪や丸太の原型でスモークすると、色がのるのに時間はかかりますが、まろやかな、さくらの甘みがのります。

生ハム漬けこみ 

今日はソーセージ製造のあと
生ハムのつけ込みをしました。

20070910182834.jpg

肩ロース一つ一つに、岩塩と胡椒をすり込みます。
こうして冷蔵庫の中で3ヶ月くらい寝かせるのです。

20070910182854.jpg

もう一つのテーブルでは焼き豚を縛っています。
焼き豚はたこ糸で縛ったあとたれのなかに
一週間ほど寝かせてから炭火で焼き上げます。

20070910182916.jpg

水槽の中には明日製造するための
ショルダーバラがいっぱい入っています。
一晩塩抜きをしたあと
燻煙室でスモークするのです。

20070910182935.jpg

できあがったら、美味しそうな画像を
お届けできるでしょうか。
食べられないからつまらないですね。

日曜日の朝 

久しぶりにのどかな日曜日の朝
ローズヒップのお茶を飲み

20070909111118.jpg

家の横の小道を散歩する
おきまりコース

20070909111228.jpg

庭の枯れ木の横を通り抜け

20070909111303.jpg

野バラの香りを楽しみ

20070909111406.jpg

ブルーベリーをつまみ

20070909111531.jpg

コスモスの花びらをのぞく

20070909111614.jpg

これは何ていう花?
私は勝手にキツネの嫁入りとよぶ

20070909111715.jpg

秋らしいすがすがしい空

20070909111831.jpg


なんて綺麗なところに棲んでいるんだろうって
30年近くたってから思い始めている私だから

自分で草が苅れなくなったり
この坂道を上れなかったりしたら
なんて不便なところだろうって
たちまち思い始める自分がいそう

今目の前に見える美しさを
まるで蜂のように
嗅ぎ廻っている私

おいおい
まだ先は長いよ

山の夜 

夜のひんやりとした風にさそわれて
外に出てみました。
木が風に揺れています。
寝っ転がってみていると
なんだか話しをしていそうです。

20070903181841.jpg


もう少しゆっくりして、ぼんやりしたいのですが、
蚊に負けてしまいました。
今度は蚊取り線香持参で。
でも布団の中は、天国天国。
次の機会には
寒すぎとか書きそうですね。

愛農誌9月号原稿から 

光と風の歌

20070901140309.jpg


夏の風の隙間に
ほんのりと秋の香が漂い始めると
村ではもう、お祭りの話題が飛び交う。
稲穂はしだいに黄金色に染まり
素朴な笛や太鼓の音が
あたりに響き渡る。
こんな秋の風を
誰よりも楽しみに
しあわせに感じているのは
戦争のむなしさと悲しみの中を
生き抜いてきた
村のお年寄りではないだろうか。

>