田舎

ライティング 

あめふりの土曜の午後、
工場で一人、久しぶりに
写真のライティングの練習をしました。
全く地味な、たわいもない写真をご覧ください。

ライティング


一灯ライトで、立体感を出し、自然に柔らかく。
ライティングってなんと奥が深いんでしょう。
こんな程度で一人、ちょっと満足してしまいました。
さ、家に帰ってすっかり仲良しになったチャバとあそぼ。
スポンサーサイト

暗闇 

田舎は夜になると真っ暗です。
都会のような怖さはないのですが
田んぼに落ちそうで心配です。

お化け


暗闇をすり足で歩いているうちに
なんだか自分がお化けになったようで
”えっほっほえっほっほ”
思わず気分を出してしまいました。

こんなところに偶然出会った人は
心底からお化けを信じてしまうに違いありません。

サマーギフト 

今日は2008年のサマーギフトのパンフ作りをしました。
この仕事を始めるたびにつくづく思うことはデジカメの便利さです。
いっぺんに全部できあがってしまうのですから、ありがたい限りです。

2008-summer-gift1.jpg


2008-summer-gift-2.jpg


まだホームページを書き換えしていないので、あしからず。
こんな小さくては見えないですですね。

おはなし 

雨の土曜日
そろそろ草刈りシーズンなんですが
あっさりあきらめ、やはりもうあまりゆっくりしていられない
お中元のデザインをやりかけていましたが
しばらくやっているうちに
すっかり飽きてしまいました。
気がついたら遊びだしていました。

お話


これは私がまだ子供の時、雨で暇なとき
兄と二人で、ぞうきんを天井に投げつけ
そのシミが何に見えるかを想像しあうという遊びを
永遠と続けていたことを時々思い出すのですが
そのパソコンバージョンとでもいうのでしょうか。
我ながらその意味のなさにあきれてしまいました。

連休明け 

連休明け、ようやく可燃ゴミを持って、処理場へ。
途中、川縁の道をトラックで走ります。
ちょっと木陰に車を止め、川の音を楽しみます。

EPSN1768.jpg


なんて心が落ち着く音でしょう。
子供の頃、川の袂で、川の音を聞いて
育ったからでしょうか。
思わず、ここに車を止めてしまうにはもう一つ理由があります。
何度か、ヤマセミを見かけたからです。
目をこらしても無駄ですよ。
今日は見かけることができませんでした。

雨上がりの朝 

私は雨上がりの朝にはまってしまいました。
朝がきたら、外に飛び出さずにはいられません。

雨上がりの朝


真っ白なオダマキを見つけました。

EPSN1755.jpg


シロヤマブキの白さは、たとえようもありません。

EPSN1760.jpg


スギナですらピアノ曲の音符のように
水玉を光らせています。
雨上がりのピアニスト


まだちょっとねぼすけの花もいます。

EPSN1761.jpg


慌てて口紅をつけている人もいます。

口紅


今日も工房の仕事が始まりました。

洗い

こんなところで洗い物に夢中の人もいます。

洗い2


ずいぶん気合いが入っていますね。
ご苦労様。



 

今年も連休の初日
愛農の春の試食会やりました。
150人くらいの参加者、今年は駐車場で開催。

春の試食会1


はじめは曇りだったんですが、どんどんあつくなり始めました。
標高が600メートルあるここでこの暑さなのですから、町の中は、さぞ暑かったことでしょう。

試食会2


今年は多治見の宮本さん家族のすてきなコンサートがありました。

春の試食会3


できたてのソーセージはいかがでしょうか。
おや、まだつながっていますね。

ソーセージ4


子供たちは、はしごで下に下り、水遊びが始まりました。
帰りの車が思いやられますね。

試食会5


私もこのブログを書いていたら、なんだか眠くなってしまいました。
あーあ、疲れたな。
皆さん、今年も参加してくれてありがとう。

>