田舎

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

生ウィンナー 

生ウィンナーはくるくるっと丸めてパックします。
これってなんだかおもしろいな。

P1010797.jpg

相変わらずお客さんが多いゴーバル。
でもどんどん若くなっていくような。

P1010796.jpg
スポンサーサイト

生ハムを吊す 

ゴーバルでは、生ハム作りは、この時期だけの仕事です。
今日は、骨付きすね肉と肩ロースで、少しその作業工程をお見せしましょう。

まずはじめに、塩こしょうをすり込みます。

P1010791.jpg


一個ずつ、丁寧にすり込みます。

P1010793.jpg

樽の中にきれいに並べて、冷蔵庫の中で3ヶ月間熟成させます。

P1010792.jpg

3ヶ月寝かせたモノが下の写真です。
少し青カビがついているのが見えます。


P1010742.jpg

このあと、カビや、表面の塩こしょうをきれいに洗い流します。

P1010744.jpg

この後棒に吊して、乾かします。
表面が次第に堅く光ってきます。

P1010788.jpg

1ヶ月ほどすると、表面が白カビに覆われ、美味しそうなにおいが広がります。

P1010789.jpg

もう一度、表面をきれいに洗い、真空パックにしてから
冷蔵庫の中で、さらに数ヶ月寝かせます。

熟成が安定した香りが、人間には本能的に、安心して食べられる
美味しい香り、味として感じられるのだと思います。

わんわんボーン 

おやつの時間です。
おあずけだよ。

P1010715.jpg

はい、よし。

P1010717.jpg

下で食べてね。
はーい。

P1010722.jpg

ではいただきます。

P1010737.jpg

もう夢中です。

P1010729.jpg

わんわんボーンって美味しいね。

P1010731.jpg

チャバは骨が大好き。

>