田舎

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ハムの話 

20060206180635.jpg

今日はいつものソーセージ作りがありません。少したまには、ハムの話、食べ物の話をしましょう。毎日遊んでばかりいると思われても侵害です。むしろ逆です。いつもそのことは考えているのであえて書きたくないのです。ホントかな??。26年、ハム作りをしていて、どうしても疑問に思ってしまうことが一つあります。それは、率直に言うならば、私が働くと言うことは、つまり、豚さんの命をちょうだいすると言うことです。「みんな食べてるじゃない、食べ物はみんな命だよ。」と人は言います。でも疑問は解けません。それを食べて生きるってどういうこと?
20060206180704.jpg

そこで、反対の場合を考えてみました。命とつながっていない食べ物。スポンジ?化学調味料?添加物?なんだか想像しただけで生きる力がわいてきません。その塊のような裏にプリントしきれないほどの化学物質の入ったお菓子も、なんだか力になる気がしません。ではバランスのとれた栄養剤みたいなものはどうでしょう。今度はなんだか美味しくありません。私は気がついたのです。本当の美味しさには、生きるためのメッセージが隠されている、生きるエキスのメッセージが、人間の言葉では、美味しいなのです。
20060206180746.jpg

それでは本当に美味しいものを食べる、食べさせる意味って何なんでしょう。私たちは繰り返し繰り返し、美味しいよ、食べなさい、と声をかけられ育てられてきました。そして確かに新鮮な食材などを目の前にすると、よだれが出るほど、美味しいよと言う強いメッセージを感じます。でも、なぜこれほどまでに、尊くかけがえのない食べ物が用意されているのでしょう。私には確信はありませんが、こんな気がするのです。

この尊さをないがしろにして、メッセージの伝わりにくい、まがい物の食べ物を作り続け、食べ続けた結果、私たちは地球の上に生きる本当の意味を見失いつつあるのではないか。
今私たちは、アイヌやインディオなど、食べ物を本当に感謝することを忘れなかった文明の中から、その本当の意味を教わるときではないだろうかと。

自分の感性を信じておそれず口にするならば、私は今こう感じています。全ての人が平等に楽しく豊かに、平和に暮らせるために、これほどまでに地球は豊かでふくよかで、その食べ物は理解しがたいほど尊く、美味しいのだと。
20060206180813.jpg

明日も私はハム作りをします。自分が美味しいものをつくるなどというおごりは捨てて、原料の持つ本当のメッセージを上手に、正確に伝えることが、私に与えられている、大切な尊い仕事、と自分に言い聞かせましょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

おぉ。昨日はソーセージ作りがなかったのかぁ。

なんか久しぶりにすっすーの真面目な日記を目の前に・・・それ以上の言葉が出てきません(>_<)

美穂 #- | URL | 2006/02/07 21:19 * edit *

さては面倒で読まなかったな。
書くのも面倒だったよ。

すっすー #- | URL | 2006/02/08 12:39 * edit *

そんな・・・失礼な!
全部読みましたよ。私はすっすーと違うもんねぇ~!

確かに、書くのは面倒そうだな。。
お疲れ!

美穂 #- | URL | 2006/02/08 14:29 * edit *

ほんと力作ですね!
旬のものなど、ふつふつと元気が湧いてくるような美味しいものに出会うと思わず頭が下がります。こんなとき、感謝の気持ちって本能的なものなのかなあ、と考えたりします。

Mizukami #- | URL | 2006/02/08 20:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://susu123.blog39.fc2.com/tb.php/33-100cca53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

>