田舎

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

愛農全国大会 

2006京都 愛農全国大会
2月25~26日、舞鶴で行われた愛農の集いに参加しました。老若男女バランスよく集う愛農の健在なパワーを感じながら、数年前事故で亡くなられた、小林先生が、愛農高校の卒業生の結婚の祝辞でおっしゃっておられた、「大きな恵みの流れのほとりに植えられた一本の木のような幸せな家庭を築いて下さい」という言葉を思いだしていました。
20060227183313.jpg

大会は、臨時舞鶴農村劇団 (かかし座)の、何とも田舎臭い、たとえようもなく格調高い演劇で始まりました。
内容は地元で農業をやっておられる霜尾さんが、愛農の創立者の小谷先生と出会い、理想的な農村建設をめざして実践してこられたドラマ「農業者たるまえに人間たれ」でした。
20060227183356.jpg

私が2日間を通して、一番心に残ったことをあげるならやはり(自治体問題研究所主任研究員)池上洋通先生の講演です。私はこれまでに日本国憲法をこれほどわかりやすく、本質的に解説していただいた話しを聞いたことがなかったように思います。寝ていたのかもしれません。

それどころか私は、憲法は誰もが等しく平和に生きるためにあると言うこと、そのために政府が存在すると言うことすら忘れてしまっていたようなのです。その達成のために教育基本法があり、それに基づいて、学校教育があることをなんだかイメージできないのです。

競争の教育、軍備を進める政治から、誰もが等しく平和に生きるという目的が、どうしても見えてこないのです。

今まで、おぼろげに、一生懸命考えていたことは、他でもなく憲法そのものだったことに気がついた日でした。つまりそれは、日本国民みんなの共通の目的だったのです。

もう一つ気づかされたことがありました。その目的とはほど遠い社会を私は政治家のせいにして片付けていました。でもそのスタイルがまさしく今の社会であり、今の政治を支えているのです。
20060227183430.jpg

もう一つどうしても付け加えたいことがあります。それは毎年研修会を交互に続けてきている韓国の正農会の大先輩と一緒に、浮島丸事件を取り上げた映画「エイジアン・ブルー 浮島丸」を見ることが出来たことです。アジア太平洋戦争終戦直後、帰国する朝鮮人労働者を輸送中の海軍輸送船「浮島丸」が突然爆発し、多くの朝鮮人が死亡したのです。歴史を正しく見つめ、きちんと学ぶことなしに、未来は開けてこない、決して確かな友情は生まれないことを肝に銘じたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://susu123.blog39.fc2.com/tb.php/42-62767a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

>